2次会の景品はどこでえらぶ

所得税

結婚式の2次会ではいろいろなゲームが行われます。
ゲームで優勝すると豪華な景品をもらえることも珍しくありません。

豪華な景品がもらえると嬉しいですが、慎重な人の場合は
税金が気になることもあるのではないでしょうか。

税金

自分が得たものが所得となり、所得税がかかるのではないかと
心配になるということです。

実はこの心配は非常に的を射たものであるといえます。

なぜなら場合によっては所得税を支払わけなければならいことがあるからです。
一般的に結婚式の2次会は仕事に関係がありません。


しかしたとえ、結婚式の2次会であっても所得を得た場合は
所得税の対象となる可能性があるのです。

営利

結婚式の2次会のように、営利を目的としていない活動で得た所得は
一時所得として扱われます。

そう聞くと、これまで納税していないことを焦る人もいるでしょう。

しかし必ずしも納税が必要であるとは限りません。
なぜなら一時所得には50万円の控除があるからです。

つまり自分が得たものが、50万円以下である場合は非課税になるのです。

いくら豪華といっても50万円を上回ることは滅多にないでしょう。
ただし他に一時所得があり、景品との合計額が50万円を超えている場合は
課税対象になるので注意しなければなりません。

きわどいと感じる場合は、税理士に質問したり、税務署に
相談にいったりするのがおすすめです。

素人では判断が難しいこともあるからです。

たとえば50万円を超えていても、必要経費を差し引ける場合などもあるからです。

 

 

HOME

スクラッチ

スイーツ

サプライズ

幹事

サイトマップ

数はどのくらい?

男性が喜ぶ

アイデア

所得

30代に人気

選んではいけない

かさばらない