2次会の景品はどこでえらぶ

どれくらいの数用意する?

結婚式の2次会では景品が当たるゲームをして雰囲気を盛り上げることが多いです。
その為、新郎新婦は事前に景品を準備しておく必要があります。


ただし、沢山準備しすぎると2次会そのものが赤字になってしまう恐れもあるので要注意です。
準備する数は、参加者の約5〜10%位の人に当たるぐらいがちょうどいいです。

その予算は、1人3000〜5000円程度が主です。
目玉商品は1万円程度で設定する人が多いです。

目玉景品

例えばテーマパークのペアチケットや商品券を目玉商品にて、その他レストランなどのチケット、
食べ物ギフト、選べるギフト、便利家電などをバランス良く準備しましょう。

インターネットの専門店で準備すると価格面でも時間面でもお得に、
楽にそろえることが可能です。

結婚式2次会の参加費用は約6000〜8000円、飲食代や会場代としてかかるのは
3000〜5000円程度です。

仮に2次会出席者が40人として、赤字にならないように調整するには景品には
3〜5万円程度かけるのがちょうどいいバランスといえるでしょう。

便利家電

飲食代のほかにも新郎新婦の衣装、メイク代、ムービーを流す費用など
もろもろかかる費用もありますので事前にきちんと計算しておきましょう。

結婚式そのものに準備するものや費用がかなりかかってしまいますので、
2次会はあまり時間や費用がかかり過ぎないように調整が必要です。

新郎新婦と結婚式2次会会場側できちんと打ち合わせをしておくことが必要です。

HOME

スクラッチ

スイーツ

サプライズ

幹事

サイトマップ

数はどのくらい?

男性が喜ぶ

アイデア

所得

30代に人気

選んではいけない

かさばらない